{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

Locating Sol LeWitt

¥7,260 税込

送料についてはこちら

20世紀で最も影響力のあるアメリカ人アーティストの一人である彼の広範な活動に関する啓示的な考察本。 ミニマリズムとコンセプチュアル・アートの先駆者であるソル・ルウィット(1928-2007)は、巨大なウォール・ドローイングでよく知られています。ルウィットの幅広い芸術活動は、彫刻、版画、写真、アーティストブック、ドローイング、グワッシュ、折り畳んだり破ったりした紙の作品などにも及びます。本書は、ルウィットの作品のよく知られたものからあまり評価されていないものまで、彼の芸術がいかに学際的で、ユーモラスで、哲学的で、さらには宗教的であったかを検証しています。 本書では、ルウィットが1960年代前半に近代美術館の同僚たちと築いた友情、マンハッタンのローワーイーストサイドを撮影した写真、1979年にルシンダ・チャイルズやフィリップ・グラスと行ったコラボレーションとその版画への影響、ユダヤ人の歴史やホロコーストに関連した依頼といったトピックを取り上げ、メディアを通じて彼の作品を探る9つの新しいエッセイを収録しています。これらのエッセイは、アーティストの活動においてパロディ、実験、不確実性が果たす役割についての洞察を提供し、場所、空間、移動の問題を調査しています。これらの研究は、ルウィットの創造性の全容を明らかにし、この特異で影響力のあるアーティストを多面的に再評価するものである。 --- 出版社|‎ Yale University Press (2021/3/23) 発売日‎|2021/3/23 言 語|英語 仕 様|ハードカバー、288ページ